忍者ブログ
PBWシルバーレインの天音アズリ、石蕗ハルヒの過去小話収納部屋です。アズリとハルヒを知らない、または嫌いな方は退出をオススメします。



[4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そうだね。
信じることは、素敵なことだよ。


「アズリー!アズリー?」
―――の声がする。だけど、その声に答える気にはなれなかった。
あたしは、また、まただ。
―――を傷つけてしまってる。
あたしが傍に居るだけで、それだけで―――は仲間はずれにされちゃう。
―――はあたしの傍に居たら駄目なの。

顔をうずめて泣いた。
結局、独りでは居たくないって言っているあたしに気付いたから。


「………見つけました。」
「!!」
「何で、答えてくれなかったんです?」


柔らかく、苦い笑いを浮かべながら言う―――を見て、また涙が溢れた。

「あっ……。泣かないでください…アズリ。」
「だって…って…―――…みんなに仲間はずれにされちゃって…あたしのっ……せっ…なのにっ…!!」

あたしの言葉に、―――は「心外だ」とでも言いたそうな顔をする。

「何言ってるんですか、アズリ。」
「だって…だって…―――だってみんなと遊びたいでしょう…?」

そう言うと、―――は優しく微笑んであたしの背中を撫でてくれた。
「落ち着いて」と、小さく呟きながら。

「…僕は、」

ふわり笑うその姿は、本当に綺麗で。

「他の子と遊ぶよりも、アズリと遊んでいる方が楽しんですけどね。」

涙が止まったって思ってたのに、また溢れ出した。

「でもっ…あたしっ………」
「アズリは、全然、変じゃ、ないです。」

ゆっくり。言い聞かせるように小さく区切って伝えてくれる。
「貴女は変じゃない。」って。

「僕は好きですよ?アズリの髪の色。」

クスリ笑って言う―――は、本当に優しいね。

「みんな、ね?アズリが羨ましいんですよ。だから、虐めてしまうんです。」

「僕は別ですが。」冗談交じりに言ってくれる。
気を使ってくれてるんだ。

「アズリ、聖書。差し上げます。」
「聖…書……?」
「はい。」

手渡されたのは黒い表紙に、金の装飾文字が施された綺麗な本。

「憎むよりも、愛しましょう。アズリはそれが出来る子です。ね?」

「憎むより、愛す。」…?
―――と、あたしを虐めたあの人たちも?

「…無理だよ、あたしには……出来ないよ……。」
「ならば、今からだっていいんです。ゆっくりでいいんです。少しずつ、少しずつ。僕もお手伝いさせていただきますから。」

―――も、一緒に……?
あたしは、独りじゃないの?

「アズリ。」
「…?」
「“疑うよりは、信じなさい”ですよ、アズリ。」
「……。」
「僕のこと、信じられませんか……?」
「――っ…信じる。―――のこと、信じる!」
「それは良かった。」

そうだね。
―――を信じてよかった。
疑うよりは信じなきゃ。―――の言ったとおり。
だって……

 

 

 

 

 

 

 

信じることは・・・

(―――。今のあたしはね、信じられる人いっぱい出来たんだよ。)

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
華薇
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]