忍者ブログ
PBWシルバーレインの天音アズリ、石蕗ハルヒの過去小話収納部屋です。アズリとハルヒを知らない、または嫌いな方は退出をオススメします。



[4]  [3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―――「綺麗な本……」

 

 

 


少女はポツンと呟いて、綺麗な表紙の本を開きました。


そこに記されていたのは、お世辞にも倖せとは言えない哀しい物語。そう、それは………

 

 

 

 

「『結び目の呪い』」

 

 

 

 

少女は本の言葉を紡ぎます。

「『結び目の呪いには
  特別な力が宿ると
  言われていました
  呪いとは
  すなわち契約の儀
  誓いとともに
  相手の束縛も
  意味するそれは―――
  互いを想う心を糧として
  より強固なものへと
  変化してゆくのです
  …そう

 

 

 

 

  死が 二人を別つまで―――――――――』」

 

幼い少女は、その言葉に秘められた何かに涙を流しました。


「アズリ?」
「!―――。」
一人の少年が泣いていた少女に声をかけました。
「何で泣いていたのですか?」
「……このお話が…とても哀しかったから…。」
「哀しい…?」
「うん…とても……。」
少年は少女の持っていた本を静かに受け取りました。
「『結び目の呪い』…か。アズリは…魔術の才能があるのかもしれませんね。」
「『才能』……?」
「いえ。こっちの話です。」
少年は優しく微笑します。
「…ねえ、―――。何で…こんなに哀しいのかな……。」
少女は少年に尋ねました。すると、少年は静かに口を開きました。

 

「…元々『結び目の呪い』と言う物は、西洋魔術からきているんです。『術師が豊作の風邪を縛って捕まえた。』―――なんて記述が本に残っていますから。そしてそれは……

 

 

―――あいての意識を縛る術…。何か感じるものがあったんじゃないですか?だから哀しかったのでは?……安っぽい恋愛小説なんかよりも、よっぽど神秘的で、そして…悲しい物語ですから。」

少年は哀しそうにに笑いました。

「―――は、哀しいの……?」
「え……?」
「…いつも哀しそうな顔してる。」


それは―――と、口を開きかけて少年は躊躇しました。

「…アズリ。」
少女はキョトン、と首を傾げます。
「例えばね…それは『束縛』。愛する者を縛り付けたいが為の束縛なんです…。アズリにも…いつか、愛する者が出来ます。その時になれば…きっと…解りますよ。」
少年はそう言って、少女の柔らかい髪にそっと唇を落としました。

 

 

 

 

 


「今なら…解るかもしれないなー。―――が言っていたこと……。」


大切な人を失った今なら……。
愛する者が出来た今なら……。
守りたい者の居る今なら……。


「愛しているからこその「束縛」。それが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


―――――――『結び目の呪い』」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはとてもとても………哀しい物語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


――――ねえ、僕と…終わらない物語を紡ごうか……。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
華薇
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]